福岡市南区(平尾・高宮)で、中学受験・高校受験・大学受験を目指す小学生・中学生・高校生のための個別指導塾/スタディアシステムの個別指導塾あぽろ

資料請求やお問い合せを随時受付中

小学生のコース
中学受験対策個別指導塾
個別指導塾(小学生対象)
中学生のコース
高校受験対策個別指導塾
個別指導塾(中学生対象)
高校生のコース
大学受験対策個別指導塾
個別指導塾(高校生対象)

家庭教師(スタディアシステム)

大人の英会話(スタディアシステム)

個別指導塾・家庭教師のスタディアシステムからのお知らせ

個別指導塾・家庭教師のスタディアシステムの講師紹介

福岡市南区(平尾・高宮)での個別指導塾や、
福岡市やその近隣に家庭教師を派遣している、
スタディアシステムからのお知らせ

冬期講習のお知らせ

こんばんは、12月中旬並みの寒さが続く中、いかがお過ごしでしょうか。
期末テストが終わった人や試験期間中で落ち着かない3連休を過ごしている人がいると思われます。
今回は期末テスト後の勉強学習向上のため、あぽろの冬期講習とその他の取り組みについてご紹介いたします。

今年度の冬期講習は12/22~1/9の期間で以下のコースに分かれております。
面談は今月末より随時行ってまいります。

小学生           2時間コース 12日間
              2時間コース 20日間
公立中学生         2時間コース 15日間
              3時間コース
              2時間コース 12日間
              3時間コース
              3時間コース 10日間
私立中学生         2時間コース 10日間
              3時間コース
              2時間コース  7日間
              3時間コース
高校生           2時間コース 15日間
              3時間コース
              2時間コース 12日間
              3時間コース
              2時間コース 10日間
              3時間コース


12月ではテストもなく、学習計画が崩れがちになりますので検討してみてはいかがでしょうか。

なお、あぽろでは、

  1. 赤点特訓対策(対象:高1、2)
  2. 高校入試弱点強化特訓コース(対象:中3)

のようなことも実施しております。

進級に悩んでいる生徒、受験について真剣に悩んでいる生徒の皆さんはご連絡ください!!


スタディアシステムの熱血個別指導塾あぽろ
スタディアシステムの家庭教師
posted by スタディアシステム at 2018年11月23日 | お知らせ

期末テストで良い結果を残したいあなたに

こんにちは。
先日の更新からあっという間に一週間以上が経ち、期末テストまで時間のない人やまだ少し余裕のある人に分かれていることと思われます。
先日の更新では、期末テストに向けて以下のことが大事だとお伝えしました。

  1. 科目ごとに学習計画を立て、早くにその習慣を定着させること
  2. 暗記科目については参考書に蛍光ペン等でチェックし、再度読み直しを行いながら頭になじませること
  3. 授業で配布されたプリントを整理し、先生の傾向等対策のコメントを参考に復習の優先順位をつけること
  4. 計算でのケアレスミスを減らすために、計算の演習量を増やすこと
各項目について時間のある人、ない人のそれぞれの目線からどういう風に取り組むべきか、簡単にまとめさせていただきます。

1について、
時間のある人:発表された試験日程と試験範囲をもとに、毎日3科目以上の試験対策のための自学習時間を前日の寝る前、もしくは登校してすぐに設定する。この際、学校の宿題や予習のための時間は試験対策として含めない。
時間のない人:各科目の試験範囲内の解きやすい分野に焦点を当て、モチベーションの維持できる学習計画を立てる。この時に気をつけるべきことは、全科目しっかりと計画立てること。

2について、
時間のある人:問題演習を行う前に必ず行うこと。実際に問題を取り扱う際には、きちんと自分のチェックした範囲で解答できるかを確認する。チェックは随時追加していくことが望ましい。
時間のない人:問題演習を中心に行う。問題として出題された単語などにのみチェックを行う。

3について
時間のある人:先生の作るテストの特徴を思い出す。数学であれば、計算の量と文章題の難易度を把握した上で、最低限やっておかねばならない問題を先に終わらせ、応用問題に取り掛かる準備をする。暗記科目であれば、単純に語群選択問題として出題されるのか、記述問題として出題されるのかで暗記方法を工夫する。
時間のない人:先生に直接尋ねることが非常に効果的。試験範囲の中で何を優先的に勉強すべきかを教えてくれる先生であれば、しっかりと聞いてみましょう。良い点数をとりたいという意志が伝われば、教えてくれる可能性も上がりますね。

4について
時間のある人:タイムアタックを日々行いましょう。計算の速い人のタイムを参考にして、自分もその目標記録に並ぶようになれば、自信にもつながります。まずは速度を意識した演習を行えば、粗削りなやり方でも精度は上がってきます。
時間のない人:文章題よりも計算演習に重点を置いてください。期末テストでの得点源として、冒頭の計算問題で間違いが多いとスコアも伸び悩んでしまいます。

いかがだったでしょうか。
時間がある人は、慢心してのんびりとした試験対策を行い、結果として時間のない人の勉強をしなければならない状況に陥ってしまします。学習計画を他の人と相談しつつ、丁寧に立てていくことをまず初めに行いましょう。
一方で、時間のない人は、捨てる教科を決めるのではなく、いかに短い期間で点数を伸ばすかを上記のことを参考にしながら学習に励んでください。
皆さんが期末テストで良い結果を残せることを期待しております。

スタディアシステムの熱血個別指導塾あぽろ
スタディアシステムの家庭教師

posted by スタディアシステム at 2018年11月08日 | お知らせ

期末テストに向けて

どんどん寒くなりつつありますね。
ハロウィンを前にもっと面白い話をしたいところですが、今回は期末テストに関してお話させていただきます。
11月の中旬から下旬にかけて予定されていますが、中間テストの反省を踏まえて皆さんの勉強習慣は改善されているのでしょうか。
中間テストとは異なり、テスト範囲の広い期末テストには早い時期から対策をとっておかねばなりません。
具体的には以下の通りです。

  1. 科目ごとに学習計画を立て、早くにその習慣を定着させること
  2. 暗記科目については参考書に蛍光ペン等でチェックし、再度読み直しを行いながら頭になじませること
  3. 授業で配布されたプリントを整理し、先生の傾向等対策のコメントを参考に復習の優先順位をつけること
  4. 計算でのケアレスミスを減らすために、計算の演習量を増やすこと

対策としてよく耳にするのは、問題集を2周3周と繰り返し解く、というものがありますが、そもそもモチベーションの高まらない勉強をしても効率としては良くありません。自分が学んだことをしっかりと把握した上で、必要な問題を丁寧に行えば、量をこなさくとも良い結果を出すことができます。

とはいうものの、期末テストまで日数がけっこうありますので上記のことを今から実行に移すのは難しいかもしれません。

まずは中間テストの結果を参考に対策の優先順位を立ててみてはいかがでしょうか。

次の更新ではもう少し細かい話をさせていただきます。

それでは失礼します。


スタディアシステムの熱血個別指導塾あぽろ
スタディアシステムの家庭教師
posted by スタディアシステム at 2018年10月30日 | お知らせ
このページのトップに戻る
Copyright 2014 © stadia system. All Rights Reserved.